中高年における男性ホルモン向上の方法とは?

男性ホルモンは思春期において“男性の身体を形造る”という時に大きな役割を果たしますが、以降も分泌が止まることは無く、男性の体内では様々な役割を負っています。
重要な役割りとしては「筋肉や骨の形成」「血液を作り出す造血機能」「生殖器や性欲を高める性機能」「脂肪を燃焼させる脂質代謝」などがあり、男性的な物の考え方にも影響があるといわれています。

 

このように男性として生きていく上では常に必要となる男性ホルモンですが、実は二十歳を境目にその分泌量は低下していきます。
分泌量の低下は身体に大きな影響を与えるもので、「疲労感・倦怠感、性欲低下・勃起障害、集中力低下・抑うつ」など身体と精神の両面に影響し、日常の生活を送る上で問題となるような様々な症状が現れてきます。

 

では一度低下したホルモン量を向上させる方法はあるのでしょうか。
それにはまず低下する原因となった事柄を探る必要がありますね、原因として多いのは身体的な理由としては「肥満・運動不足・栄養の偏り・睡眠不足・糖尿病などの疾患」などがあります。
心因性としては「ストレス・コンプレックス」などがありますので、まずはこのあたりで心当たりがある場合には、いずれも改善させていくことが向上させる方法として大切になります。

 

また男性ホルモンを向上させる方法としては、男性の勃起不全などと絡んで「サプリメント」が多く販売されておりますので、それらを摂取するという手もあります。
その場合には性機能の改善と共に回数も増えて、男性ホルモンの向上にも大いに関わってきます。