中高年 健康回復

中高年の健康回復にテストステロンは役立つのか?

男性は“より男性らしさ”を兼ね備えるため、体内では男性ホルモンが盛んに生成され放出されています。
男性ホルモンは身体の各所に作用して、筋肉質でムダ毛が多い男性特有の身体を作り上げます。

 

その男性ホルモンの一種に“テストステロン”と呼ばれるホルモンがあり、このホルモンは睾丸や副腎で生成されると血流に乗って身体を巡ることで、「筋肉を増大させる作用」や「タンパク質同化」の作用促進に関わり、太りにくい体質を造ることにも寄与しています。
また性的な部分でも著しい効果が認められており、「異性を惹きつけるフェロモン」を作り出したり、「興奮作用のある神経伝達物質」を増やすといった働きがあることでも知られています。

 

このホルモンもまたは思春期はもちろん以降の成人男性には欠かせない存在ですが、実は一つだけ厄介なことがあります。
それは、テストステロンが“5αリダクターゼ(5α還元酵素)”により“DHT(ジヒドロテストステロン)”へと代謝されると、脱毛を促し性欲減退を促す作用が発現するのです。

 

テストステロン自体はむしろ薄毛を抑える効果があるので、「男性ホルモンが多い=抜け毛が多い」という事にはならないのですが、そこから変化したDHTは毛乳頭に作用して毛の育成を阻んでしまうのです。
これは「男性型脱毛症」の原因の一つとして考えられており、近年ではDHTに作用して脱毛の進行を遅らせる「フィナステリド・ミノキシジル」などが配合された医薬品が発売されています。