マカ

マカの歴史を知って中高年の健康回復対策に役立てるべし

中高年の男性の人気が高いマカ。マカの歴史とは。どのようにして日本に入り、人気となったのでしょう。

 

日本に入ってきたのは1997年秋のことだと言われています。「コペルニックス・ジャパン」というペルーの日系法人が、健康食品として紹介したのがきっかけです。そして、当時のフジモリペルー大統領が来日した時に、キヌアやアマランサス、などと一緒にマカを日本に紹介したとされています。

 

その後、日本のメディアでマカが紹介れたことにより、注目度が高くなったと言えます。そして、薬局・薬店、量販店、さらにインターネットなどでさまざまなマカ加工品が販売されているという現在があります。

 

商品としては、マカ単体(錠剤、粉末、カプセルなど)の他、マカにビタミン、ミネラル、高麗人参などを添加した製品も増えているようです。男性を意識した製品が多いため、男性に人気があるようです。

 

そもそもマカは、古くから王侯貴族の貴重な滋養食とされていました。
兵士たちの間では強精食としても珍重されていたり、戦いの後には、功績のあった人物や権威をみとめられた部族にマカが与えられたという説もあります。

 

性欲増大の効果があることから、インカ帝国の時代には、結婚前の若者はマカを食べるのを控えるべきとされていたという伝説があります。性欲が旺盛になりすぎて、結婚前の性的な関係が乱れると考えられていたからだそうです。

 

2000年〜3000年前のインカ・インディアンによって栽培が始まったと言われているマカ。そのマカの歴史は非常に奥の深いものがあるようです。