マカ

低地で栽培されているマカの品質が劣る

マカという商品はご存知ですよね。栄養成分豊富で、強い生命力が特徴の薬草です。サプリメントとして人気の高い商品です。

 

人気の高い商品だけに、色々と情報が反落しており、どれがいいのかわからないことはしばしば。
どのようなマカを選べばよいのでしょう。

 

マカは、南米ペルーの厳しい自然環境の元で栽培されています。その厳しい条件の中でも栽培ができる強い盛目力と、大地からの豊富な栄養素を吸収して育ちます、そういう栽培方法のものが高品質マカとなります。

 

けれど、中にはコスト押さえるために、低地で栽培されているものがあります。
低地で栽培されているマカは品質が劣ると言われていますのでその効果も期待できません。

 

なぜ、低地で栽培されているマカは品質が劣るのでしょう。

 

低地は気候が温暖です。高地は、温度差は非常に大きいです。この違いから、低地のマカは、高地のマカより大きく成長します。これは温度の違いも原因のひとつですが、やはり、化学肥料の力が大きいのではないかと言われています。

 

マカは、即効性がきたいできるサプリメントではなく、長く服用する方が多いため、純度100%のものが条件となります。
このような科学肥料や農薬で育てられたマカは安全だとは言えません。

 

また、自然環境の厳しい高地では、土地の用途は多くないため、マカ栽培に特化できますが、低地の土地はもさまざまな利用価値があるため、マカだけに特化できるわけではありません。

 

この辺も、低地で栽培されているマカは品質が劣るという原因のひとつではないでしょうか。